電話番号格付けアプリケーション

特長

Uzmicは、全国の電話番号の利用状況を蓄積した電話番号履歴データベースであるTACS-DBを元に、電話番号の利用状況の変遷パターン等、4つの分析指標から完全パターン化した情報と、利用企業の優良顧客や不良顧客データとの相関分析を行い、電話番号だけで不良化予測を5段階評価で行うことができる格付けアプリケーションです。

利用企業ごとに最適化されたルールテーブルを作成し、最新の格付け照会を毎月行うことで、不良化予測を定点観測することもできます。

このサービスに関連するソリューション

各種申込み審査支援

詐欺集団の成りすましによる融資や口座開設の申し込みにおいては、申し込みの直前に契約した電話番号を使用する事が少なくありません。また使用されていない電話番号が申込書に記入されることもあります。

各種申込みや、通信販売等での後払い購入時においては、申込書や注文書に記載された勤続年数や居住年数と電話番号の契約継続期間との整合性を確認することで、不正申込、債権不良化等の信用リスク低減が図れます。

途上与信支援

融資先の連絡手段は常に確保しておく必要があります。

支払いの延滞が発生した際、登録電話番号に電話をしたら既に電話番号が使われていなかったという事態は、連絡先確保だけではなく、コンプライアンスという観点からも避けなければなりません。

電話番号の利用状況を定期的に調査することにより、早期に顧客の状況が変化したことを発見できるため、リスク管理に効果的です。

サービス一覧

顧客データの管理・活用

顧客接点強化

居所不明調査・相続対策

pagetop