社員インタビュー
過去の失敗や挫折も貴重な経験
多様なキャリアをジンテックで活かす

ソリューション営業本部 営業2課 チーフ
上村 直丈
2017年10月入社

過去の失敗や挫折も貴重な経験
多様なキャリアをジンテックで活かす

キャリアの始めは自動車の部品メーカー。ラリー用の車のサスペンション専業メーカーで、海外営業をしていました。2社目は、多角的に様々な事業を推し進めている企業での総務。まさに「総てをやります」という部署で、新規事業の立ち上げも管轄だったので、訪問看護ステーションや英会話スクールの立ち上げを経験しました。ジンテックに入社する前は自分で飲食店を経営していたんですが、繁盛はしていたものの利益率が悪く1年程で店を閉めました(苦笑)。正直、金銭的にも窮地に陥っていて、すがる思いで人材紹介のエージェントに登録して就職活動をしていたんです。そうしたらある日、「あなたの経歴に興味があってメールしました」とジンテックからスカウトメールが来て。入社してみると過去に自分で事業をやっていた方が結構いて、その経験の中でなんらかの挫折を味わってきた人も多い。そういう人たちには、だからこそのタフさやしなやかさがあるんですよね。僕も様々な経験をしてきたことを評価してもらえたのかなと感じています。

成長を実感する3年間
多岐にわたるお客さまと仕事ができ、日々充実しています

入社後、テストを含む研修を受けるんですが、なかなか覚えが悪かったです(苦笑)。座学が得意ではないのは自分でも分かっているので、商品を実際に触ってみたり、お客さま先に同行したりすることで自社サービスについて深く学んでいきました。そういう意味ではOJTは充実していると思います。

    

かつては若さゆえのパワーで売る営業スタイルで、お客さまには可愛がっていただいたなと思います。しかし、年を経るごとにそれは通用しなくなる。ジンテックに入社してから、改めて物を売る知識やスキル、例えば業界の数字やトレンドを読み解くこと、あるいはお客さまのニーズをしっかり引きだすためのヒアリング力を身につけました。この3年間、真の営業スキルを身につけつつあるなと自分でも成長を実感しています。現在、不動産関連会社と自動車メーカーを中心に担当をしていますが、金融業界の担当などもあって、業種の隔たり無く、いろんな企業を任せてもらっています。大企業から中小規模の企業まで、多岐にわたるお客さまと仕事ができるのがとにかく楽しくて、日々充実しています。

風通しがよいから働きやすい
チャレンジしたい人に向いている会社だと思う

ジンテックは会社全体の風通しがよく、わきあいあいとした社風。上が下に何かを押し付ける感じがなくてフラットというか。とても働きやすいと思います。縦横無尽に活躍できる場がありますし、「やりたい」という気持ちに釘を打たれるようなこともない。「こういう新サービスを作りたい」と手を挙げると後押ししてもらえますし、具体的な要件までつきつめることができたら、すぐにサービス化することも。そういう意味では、チャレンジしたい人には向いてる会社です。

    

ジンテックの強みは、お客さまのニーズにしっかりとお応えできるサービスがあること。だから成長しているし、安定もしています。現状にとどまらずに新規事業もどんどんやっていこうというスタンスがあるのも魅力です。成長産業であるIT分野で頑張ってみたい、挑戦したいという人がいたらもってこいの会社。いろんな経験を活かしながら、羽ばたいていける環境が待っていると思います。

pagetop