前へ ジンテック、進め One Team、持続可能な未来のために。 前へ ジンテック、進め One Team、持続可能な未来のために。

前へ ジンテック、
進め One Team、
持続可能な未来のために。
One Team!

ジンテックは
「顧客データベースマネジメント」を軸に、
お客さまとその先の顧客との「つながり」を
デザインする会社です。

Jintec

ジンテックは93年の創業以来、一貫して「お客さまとその顧客との接点強化」をコンセプトに、独自のノウハウと独創性溢れるサービスでお客さまをサポートしてきました。この間、私たちが提供するサービスは、インターネットをはじめとする情報通信環境の変化や、個々のお客さまからのご要望に合わせて様々に変化してきました。「変わらないために変わり続ける」。これこそが私たちのDNAです。

ジンテックは、これまでも社員全員で「One Team」となり、様々な課題を解決し、お客さまのご要望にお応えしてきました。その積み上げが現在につながり、大きく発展を遂げてきました。そして、それはこれからも変わりません。すべてのお客さまの成長と幸せに貢献し続けることで、私たち個々の幸せも実現する。そんな、持続可能な未来をめざしていく会社でありたいと強く願っています。

対談へ

対談へ

インフォメーション 一覧

お客さまへの約束

お客さまへの約束

課題とソリューション ソリューション一覧 サービス一覧

サービスへ

ジンテックは顧客データの「維持・管理・活用」にお役立ていただける商品・サービスの開発・提供を行っています。また、お客さまとの接点強化支援や、居所不明調査におけるワンストップ事務代行サポートなど、独自の技術とノウハウで、お客さまの課題解決に幅広く対応いたします。

J ライブラリー

ジンテックが提供する「Jライブラリー」では、2つの気になる情報を皆様にお届けいたします。

  • キャッシュレスやDX分野の専門家が担当する「連載なるほどコラム」
  • 地域金融変革運動体やジンテックによる各種セミナー・講演会の動画・ダイジェストレポート

皆様へ有益な情報を提供してまいりますのでぜひご覧ください。

メールマガジンを登録する

コラム アフターコロナ第16回:キャッシュレス決済の副次的メリット

いくつかの所要があり、12月だけで関西を3回訪問した。このうち、2回目の目的は、南海電車のVISAタッチ決済の実証実験とパナソニックと道頓堀商店街の顔認証決済の実証実験の取材だった。12月はコロナの感染者数もきわめて少なく、土曜日であったためか道頓堀は若年層の…

コラム 第23回:「広告ビジネスの構造変化と顕名化(続)」

<はじめに>筆者はFacebookのヘビーユーザーである。直接の知人、名刺交換した人、講演の聴講者しか承認してないつもりだが、それでも友達の数は2,100人を超える。友達の投稿を読むのも楽しいが、私自身も、毎日数件の投稿をしてイイネの数にドキドキしたりしている…

セミナー 保護中: 第3回『両利きの地域金融』セミナー

この記事は、パスワードで保護されています。

パスワードを入力する

コラム アフターコロナ第15回:意思伝達手段の変化について考える

先日、衝撃的な話を聞いた。某有力地方企業では、当日急病などで休む場合にメールやLINE等のメッセージ機能を使った連絡は認められず、原則、電話連絡が必須というのだ。コロナ禍前であれば、多くの企業が同様だったと思うが、出勤制限でリモートワーク化が進み、一回も対面し…

pagetop