住民票取得代行サービス

サービス概要

顧客情報更新

役所照会サービスは、全国の市区町村役所を対象とした法人向け住民票取得代行サービスです。

取得した住民票と、住民票に記載された顧客情報をデータ化したものを納品いたします。

引越し等で住所が判らなくなった居所不明顧客の住所情報を更新することで、重要な通知物の到着精度を高めることが可能であり、顧客との接点強化に有用です。

また、口座開設時など顧客に代わって住民票を取得することも可能です。

このサービスに関連するソリューション

債権回収支援

電話による督促コールを行う際、現在は電話が使われていない場合でも、過去に流されていた移転アナウンス等を取得することで、電話が繋がる可能性があります。

また、昨今では携帯電話番号を口座申込や商品購入時に登録する人が増えていますが、SMS(ショートメッセージサービス)の一括送信が可能な【Push!SMS】による携帯電話向けの督促・リマインド等の案内を行うことにより、回収率の向上が図れます。

さらに居所不明者に対しては、役所照会により住民票を取得し現住所を確認することで、コンタクトをとることが可能となります。

保険金未払い対応支援

生損保会社の保険金支払いの際に、契約者にお支払いの手続きに必要な書類を送付しても居所不明で不着となり、保険金の支払ができない場合があります。役所照会による新住所の判明を行うことで書類を届けることが可能です。また、顧客の過去の移転電話番号を検知することで、現在の電話番号の取得が可能であり、役所照会で判明できなかった顧客へ連絡することも可能となります。

マイナンバー対応支援

企業や金融機関等において、今後マイナンバーの登録が一部業務において必要になってきますが、マイナンバー確認の通知物の不着により、マイナンバー記載の確認書の受取ができないことが考えられます。その場合、役所照会による新住所の判明を行うことでマイナンバー確認書をお届けすることが可能となります。また、顧客の過去の移転電話番号を検知することで、現在の電話番号の取得が可能であり、役所照会で判明できなかった顧客への連絡をすることも可能となります。

各種BPO

宛先不明でご案内の郵便物が戻ってきたお客さま住所の追跡作業は煩雑です。スムーズに追跡ができなければ、満期時などに適切な営業活動ができず、金融業界ではチャンスロス、さらには解約を招きます。ジンテックは役所照会を中心に、不着管理の入り口である「郵便物受付」「仕分」、さらには「データ入力」「データ加工」「住所調査」「再発送」までを一元管理することで、顧客情報の保全や解約防止に大きな成果を上げています。

事例紹介

サービス一覧

顧客データの管理・活用

顧客接点強化

居所不明調査・相続対策

pagetop