社員インタビュー
多様な社員が集まるからこそ生まれるアイデア
これまでの経験を活かして、
ジンテックの進化に貢献したい

経営管理本部 リーダー
杉山 友美
2019年11月入社

自分を大事に働きたい、そう思って決めた転職

前職はグループの系列企業の人事・経理・総務・法務といったバックオフィス業務を一手に引き受けている企業で、経理や財務を中心に、内部統制や業務改善といったコンサル的な業務まで幅広くみてきました。

女性管理職育成の波にも乗って、やりがいや充実感を感じてはいたのですが、年次が上がるにつれて責任が重くなっていき、残業ばかり。体調を崩したことをきっかけに「あれ?これでいいの?」と自分を見つめるようになりました。新卒から10年働き「外の世界をみてみよう」「自分を大事にしながら働きたい」と思い、転職を決めました。ジンテックへの入社は創業から一定の時間が経過していて、経営に安定感があったのと、働きやすい環境が整っていたのが決め手でしたね。

全く異なる環境にいたからこそわかるジンテックの良さ
経験を活かした貢献をしたい

入社して感じたのは「陽だまりみたいな会社」笑。前職が切磋琢磨、競争の日々で、ややもするとピリピリした環境だったのもあって、社員同士が仲間としてつながっていて、楽しそうに働いている様子に驚きました。みんな穏やかで優しく、必要な時にはしっかり助けてくれるんですよね。

風土だけでなく業務的にも、がちがちのルールで運用していたところから、柔軟性が高い、一つひとつ考えさせられる環境になったことは大きな変化で、中小企業ならではの視点や仕組みを日々学んでいます。一方、これまでの経験を活かして、業務改善の提案をすることも。全く異なる環境にいたからこそわかること、学べることも多いので、私だからできる貢献をしていけたらと考えています。

実務の精度や効率性をさらに高めて、
私らしいリーダーシップを発揮していきたい

転職時は作業を日々しっかりとこなしていくような働き方のイメージを持っていたのですが、性格上あれこれ気になるタイプなのもあって「変えられるところは変えていきたい」と積極的に思うようになりました。会社の規模的にどうしても業務が人につきがちですが、出来るところはシステム化して、生産性や安全性を高めたり、担当が変わった際の引継ぎをしやすくしたりしていけたらと考えています。実務を効率化することで時間をつくり、仕事の幅を広げたり、企画を考えたりする時間を増やしていきたいですし、メンバーに対して私らしいリーダーシップを発揮していけたらいいですね。

多様なメンバーが同じ目標に向かって走り、成果を出す
違いがあるからこそアイデアが生まれるのがジンテック

ジンテックはほとんどの人が中途入社。それって実はすごいことだと感じています。多様なバックグラウンドの人同士が、同じものに向かって走り、成果を出すことができる。考えが違う人の集まりだからこそ、それを持ち寄ることで新しいアイデアが生まれたりもする。私の当たり前がみんなの当たり前ではない会社にきたことで、これまでこだわっていた様々なことを手放せ、柔軟になれたのは大きなステップだと感じています。

ジンテックの良さは、意見が通りやすいところ。自分が提案したことが新しい手法として社内で浸透していくのはやっぱり面白いですよね。これまで身につけてきた知識や経験をジンテックで活かせている実感があります。バックオフィス業務は常に社内にいるからこそ、いつも楽しく、笑顔で仕事をしていたいと思っています。仕事をしていれば、しんどい事がでてきたり、疲れたりするのは誰にでもある。そんな時にも、みんなが元気でいられるような職場にしていきたいなと思っています。

pagetop