Jライブラリー


中川郁夫 氏 プロフィール


概要

最先端技術の研究、ベンチャーでのプロダクト開発と事業立ち上げを経て、デジタル時代の新事業創出の支援を手掛ける。デジタルがもたらす構造変革を独自の視点で調査・分析し、変化をチャンスに変えるイノベーティブ思考による事業企画・事業立ち上げを特徴とする。

もっと見る

略歴

2020年 株式会社エクスモーション フェロー
2019年 株式会社インテック フェロー
2015年 株式会社インテック プリンシパル
2012年より 大阪大学 招へい准教授 を兼務
2012年 Tクラウド研究会(代表 東京大学 江崎教授) 設立
2005年 東京大学より 博士(情報理工学) 取得
2002年 株式会社インテック・ネットコア設立 同社取締役就任
1993年 株式会社インテック入社
 インテック・システム研究所でインターネット技術の研究に従事
1993年 東京工業大学大学院 システム科学専攻修士課程 修了
1991年 東京工業大学 数学科 卒業
1989年 富山県立高岡高等学校 普通科 卒業
1968年 富山県高岡市に生まれる

委員・役職等(抜粋)

IoTイノベーションチャレンジ 企画委員・審査委員 (2018~)
国家試験 試験委員 (2016〜2020)
参議院議員勉強会 事務局 (2016〜)
総務省ICT国際競争力強化・国際展開懇談会ワーキンググループ委員 (2013,2014)
Tクラウド研究会 発起人・幹事 (2012〜)
総務省 次世代IPインフラ研究会 次世代IP網WG委員 (2004,2005)
e-Toyama推進協議会 発起人・幹事 (2002〜2018)
次世代IX研究会 発起人・幹事 (2001〜2007)
MPLS JAPAN実行委員 (2001〜2019)
学術振興会インターネット第163委員会 運営委員 (2000〜)
富山インターネット協議会 運営委員・運営委員長 (1994〜2012)

著者記事一覧

第19回:「旅館のサービスに学ぶ」

コラム
<はじめに>地元富山に、たびたび使う宿がある。欧風のオーベルジュで雰囲気も良く、地元の食材を使ったフランス料理のフルコースが最高に美味しい。食べ仲間と一緒に毎年のようにお世話になっていた。(コロナ前までは、涙)常連は贅沢を堪能できる。毎回、食事のアレンジが期待…

第18回:「デジタルで変わる教育のカタチ」

コラム
<はじめに>高校のとき、数学に熱中していた。国語や社会の時間も数学に取り組んだ。人の3倍は時間を使っただろうか。結果、大学入試の共通テストで数学は満点。世界史は1問もわからず、100点満点中28点だった (4択式なので、爆)。一人ひとりに合わせた学びがある。考…

第17回:「あなたの肌に、ピッタリのコスメが見つかります。」

コラム
<はじめに>ZOZOGLASSなるものが登場した。今度は眼鏡か??あのZOZOが新たな取り組みを開始した。本連載の第5回に「個客一人ひとりに合わせた商品」と題して旧ZOZOSUIT (*) とZOZOMATを紹介した。今度はZOZOGLASS。見た目にカラフル…

第16回:顔が見えるニュースサービス

コラム
<はじめに>最近、テレビや新聞のニュースがイマイチ面白くない。興味のある話が扱われていないからだろうか。芸能人や政治家がどうだとか、オリンピックを開催するとかしないとか、コロナで禁酒令+灯火管制がとか……。でも、どう考えてもネットのほうが情報は早いし、広く、詳…

第15回:顔が見える宿泊サービス

コラム
<はじめに>Airbnbというサービスをご存知だろうか。「いや、さすがにAirbnbは知ってるぞ」と怒られるかもしれない (笑)。念のために紹介しておく。Airbnbは部屋や家を貸したいと考える人と、部屋や家を借りて滞在したいという人のニーズをマッチングさせる…

第14回:笑顔で買い物

コラム
<はじめに>一見すると「なんのこっちゃ」と思うタイトルを付けてしまった (笑)。 買い物をするときに店員さんに笑顔で話しかけよう、などという話をするつもりはない。今回も、本連載のテーマである「取引のデジタル化」について紹介したいと考えている。今回の事例は「笑顔…

第13回:ネットフリックスの強みの本質と「つながりの市場」

コラム
<はじめに>“ネトフリ沼” という言葉があるらしい。ネットフリックス (Netflix) で映画やドラマを視聴しているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまう。「沼」に浸かっているかのような、すっかりハマってしまう状態のことのようだ。面白い映画やドラマを視聴し…

第12回:Amazon GOから考えるキャッシュレスの意味

コラム
<はじめに>未来のコンビニを思わせる“Amazon GO” のコンセプト動画を覚えているだろうか。Amazonが投稿したYoutube動画である。レジも支払いもない、斬新な店舗の仕組みで、私などは、ぶったまげて椅子から転げ落ちそうになった (笑)Amazon …

第11回:who, when, where, … 顕名を前提とする鍵の仕組み

コラム
<はじめに>私が学生のころ (今から考えると何十年も前か、笑) の話である。一人の知人が言っていたことが興味深かった。一人暮らしだった彼の部屋に、よく彼女が遊びに来たと。合鍵を渡して部屋を片付けてもらったり、手料理を作ってもらったり。まぁ、結構な話である。とこ…

第10回:PoS (Point of Sales) から PoU (Point of Use) へ

コラム
<はじめに>コンビニでお弁当を買うときは、レジでお金を渡すことでお弁当が自分のものになる。お客様が誰かによらず、モノとカネを交換することで取引が成り立つ。この連載で何度も紹介してきたように、匿名取引の基本的なスタイルである。PoS (Point of Sale…

第9回:キャッシュレスの先にある「世界観」

コラム
<はじめに>“MagicBand”には衝撃を受けた。はじめてその概要を知ったのは2014年だったろうか。米国フロリダにあるWalt Disney World (以下、WDW)で使える魔法のリストバンドである[1],[2]。これを身に着けているだけでWDW内の様…

第8回:キャッシュレスがもたらす変革の本質

コラム
<はじめに>飛行機の乗客には「ランク」がある。空港で長い行列に並んでいる際、隣で「高ランク」の乗客が優先的に案内されるのを見て「羨ましい」と思ったことがあるのは私だけではないだろう (笑)。 空港ラウンジ利用、専用セキュリティチェック、優先搭乗、他にも高ランク…

第7回:健康・医療の業界構造を変える保険の新サービス

コラム
<はじめに>保険は不思議に満ちている。先日、自分の保険を確認する機会があった。社会人になりたてのころに入った、27年も前のモノである。考えてみると、社会人になって無茶を重ね、飲み会の後にラーメンを食す日々が続き、体重とストレスがスゴイことになっているのだが、保…

第6回:原価から成果へ

コラム
<はじめに>私は鼻炎に悩まされている。血液検査で代表的なアレルゲンに反応はなかったが、症状は明らかにアレルギー性鼻炎だという。それ以来、いろいろな鼻炎薬を試してみているが、これがなんとも難しい。眠くなるのは困るし、全く効かない鼻炎薬も多く、時間とお金だけを浪費…

第5回:個客一人ひとりに合わせた商品

コラム
<はじめに>筆者の足は少々横幅が広い。自分の足幅に合う靴を探すのも難儀である。先日も、靴を新調して気分良く仕事に出かけたが、家に帰るころにはすっかり足が痛くなってしまった。足の形は人によってだいぶ違うらしい。足の長さや幅だけではなく、踵の幅や、甲の高さまで千差…

第4回:行動で変わるサービス

コラム
<はじめに>筆者は富山県に生まれた。地方都市によくある話で、同地では生活に自動車は必須である。会社に行く、食事に行く、友達に会いに行く、近所のスーパーに買物に行く、あらゆるシーンで自動車を使う。最近、カーナビがよく喋る。昔と比べると、圧倒的に口数が増えた。どこ…

第3回:点から線・面への広がり

コラム
<はじめに>少し前、中国でシェアサイクルが大人気になった。2018年、上海出張の際も街は多数のカラフルな自転車に溢れていたことを覚えている。利用者はどこで自転車に乗って、どこで乗り捨てても構わない。スマートフォンを近づけて解錠し、乗り捨てた際に利用した時間を計…

第2回:デジタル化するのはモノではなく体験そのもの

コラム
<はじめに>文部科学省がデジタル教科書を推進している。同省のホームページ(*1) では、デジタル教科書を「紙の教科書の内容の全部をそのまま記録した電磁的記録である教材」と説明している。どうやら、紙の教科書と同じ内容をタブレットなどで表示する、らしい。(*1)h…

第1回:個客一人ひとりに特別な価値を提供する時代に

コラム
<はじめに>Amazon で本を購入すると、面白そうな書籍が次々と紹介される。自分が過去に読んだ本の履歴からのリコメンド(オススメ)が思ったより精度が高いことに驚く。つい買ってしまって積読(ツンドク) が増える、と感じている人もいることだろう。一方、本屋でちょ…

pagetop